ビデオで見る阿波扇。 (画像クリックで動画ページへ)
動画:阿波踊り 阿波扇 阿波踊り会館

定期公演「毎日踊る阿波踊り」の阿波扇。

天神祭り(2005)
はな・はる・フェスタ
徳島阿波踊り
国文祭
毎日踊る阿波踊り


踊りの要は扇さばき、団体での構成美は無類の華やかさがある (平成2年結成)

要項

阿波踊り個性豊かな踊りを作ることを目指して結成。


正調の踊りに扇を取り入れたオリジナルの扇踊りが特徴。

女踊りは花、男踊りは蝶をイメージし赤はっぴの元気なちびっ子は人気があります。


天神祭りは、新町川での船渡御(ふなとぎょ)や花火があり、大勢の見物人でにぎわったが、資金不足などで1970年を最後に途絶えていた。

地域活性化のために再開を模索していた滝本彰宮司が目指したのは「若者にも注目される祭り」。同じ菅原道真を祭った大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭のギャルみこしにヒントを得て、女性や子どもによる渡御を思いついた。

「ギャルみこし」「子どもみこし」は、学問の神にちなみ徳島市出身の作家・瀬戸内寂聴さんが命名した「知恵御輿(みこし)」の通称。

>徳島新聞引用


野外練習
7月に入ると籠屋町のすぐ横のふれあい橋で元気なかけ声が聞こえてきます。
阿波踊り


備考
★始めて出会ったのは

天神祭りの祭り御輿復活(2005)の時の事。復活祝いとして阿波扇、娯茶平の子供たちが担ぎ手として参加。

お昼ご飯食べる時、カメラマンが群がって少しかわいそうでしたね^^;
出会った赤はっぴの小学生も中核になり今年(2009)ではトライアングルを描く扇回しをするまでに成長。

inserted by FC2 system